薬剤師業界での転職活動における主たる注意点

転職活動を行うとなると、幾つかの「注意点」があります。失敗をしてしまう事例は意外と多く見られるので、気をつけた方が良いでしょう。例えばイメージと異なるミスマッチが生じる事例もありますし、引き継ぎ手続きの軟膏などもあるのです。

1.イメージしていた薬局と違っていたミスマッチ

薬剤師の例で多いのが、自分のイメージと全く異なる職場です。そもそも求人案件を見る時には、多くの薬剤師としては色々なイメージを頭に描くのですね。

例えばある求人広告を見て、「和やかな職場」とのイメージを描いたとします。ところが実際に転職が完了して、新たな薬局で働くようになると、全くそのイメージと違うことがあるのです。

和やかどころか、殺伐とした雰囲気が感じられる薬局で働く事例もたまにあります。まさにミスマッチが生じてしまっているのですね。

2.勤務時間に関するミスマッチ

また働く時間の長さに関するミスマッチも、たまにあるのも事実です。例えば求人広告には、実働8時間と明示されていたとします。あまり長い勤務時間ではないので、それに魅力を感じてそこに転職をしたとしましょう。

ところが実際にその薬局で働くと、かなりの時間が求められる事もあるのですね。8時間どころか、毎日残業が発生する事例も意外と多いです。

3.退職時の手続き難航

またお仕事お探す時だけでなく、退職時も注意を要します。意図によってはどこかの薬局で働きながら、求人案件を探す事もあるでしょう。

それで無事にどこかのドラッグストアなどでのを仕事が見つかったとします。ところが薬局での引き継ぎ手続きで、かなり難航してしまう事があるのですね。

最初の内は2週間程度で引き継ぎが完了すると思っていたものの、なかなかその作業が完了せずに、1ヶ月前後かかってしまう事例も見られます。それで転職先のドラッグストアに迷惑がかかってしまう事もあるのです。

4.失敗事例を一読して紹介会社を活用

このように薬剤師の転職は、色々と注意点がある訳ですね。上記のような事例は、いずれも現実に発生している事なので注意を要するでしょう。対応策としては、まずそのような事例自体を知って多く事です。

たいていの薬剤師求人サイトには、転職のノウハウなどが記載されています。それで失敗例が紹介されている事も多々あるので、それに目を通しておくと良いでしょう。特に上記の引き継ぎ手続きの問題などは、大抵それに目を通しておく事で回避できます。

また前述のミスマッチに関する対策としては、やはり人材紹介会社が妥当と思われます。紹介会社に自分の希望をきちんと伝えておくと同時に、上記のようなミスマッチを防止したい旨も伝えるべきですね。

「残業が発生しない職場が良いです」などと紹介会社に伝えておけば、たいてい配慮してくれるからです。

紹介会社への伝達で失敗を回避

ですので転職の注意点として、次のような事が言えるでしょう。

・職場の雰囲気や勤務時間などのミスマッチが起きる事も
・引き継ぎで思った以上に時間がかかる事がある
・失敗事例を読んでおく
・人材紹介会社には自分の希望を明確に伝える

特に4点目は非常に大切です。殆どの失敗は、その伝達次第で回避できるからです。せっかくの転職で失敗をしないよう、自分の希望条件などは明確にしておきたいものですね。


薬剤師業界における転職の特徴と人間関係

人々が転職活動をする以上は、必ず何らかの理由があります。全く理由も無いのに別の職場を探すケースは、ほとんど見られません。多くの業界では給料などが理由になっている事が多いですが、薬剤師の場合は少々異なる状況です。

1.たいていの業界では給料が原因

まず全業界で申し上げれば、給料に関する不満は本当に多いです。一時期、転職を行う方々に対してアンケートが実施された事があります。それによると、最も多い理由が給料に対する不満だったのです。

現在会社から給料を受け取っているものの、それが少々低すぎると感じる方々が多かった訳です。実際転職によって、その給料の問題点が解決されている事例は多いです。

人によっては年収が100万以上アップしている事もあるので、転職活動をするのも1つの選択肢ではあります。

2.上司との人間関係が微妙で転職

ところで人々が転職活動をするのは、何も上記のような給料だけが理由ではありません。上司との人間関係も、その一因になり得るのです。例えば何か理由で、上司との人間関係が微妙になってしまったとします。その場合、色々なパワハラなどが生じる事があるのです。

上司とのやり取りが上手く行かないので、仕事に支障をきたしてしまう事も珍しくありません。そして仕事が著しくやりづらくなってしまうので、色々と精神的なストレスを抱えてしまう事例も多いのです。その場合は、転職活動で解決する方法もあります。

別の職場で働くようになれば、少なくとも現在の上司とのお付き合いがなくなるからです。それで精神的なストレスが解決するケースも、決して珍しくありません。

3.同僚との人間関係もある

また上司だけでなく、同期の同僚の方々なども同様です。自分とほぼ同じくらいの役職の同僚との人間関係が微妙になるケースも、やはり存在するのです。一部の職場では、同期の方々とのチームプレイなどが求められます。

それで他の方々との連携が上手く行かずに、仕事がなかなかスムーズに進まず、やはり精神的なストレスを抱える事例も見られるです。それで上記の上司の人間関係と同じく、別の所に転職をする選択肢もある訳です。

4.薬剤師は人間関係の理由が多い

そして薬剤師という業界の場合は、これらの人間関係の理由が非常に多いです。確かに薬剤師という業界でも、給料が不満で転職活動を行う方々は、少なからず見られるのは事実ですね。

しかしその薬の業界の場合は、むしろ人間関係が複雑なので、他の薬局などに転職をする事例が目立ちます。「全」業界で見れば給料という転職理由が多いのですが、人間関係の理由が圧倒的に多いのは、薬剤師の特徴の1つなのは確実です。

関係が微妙なら転職も一法

以上から、次のような事が言えるでしょう。

・全業界では給料が不満で転職する事例が一番多い
・人間関係が理由で転職をする事例も見られる
・薬剤師は人間関係という理由が最も多い

ですので薬剤師という職業は、人間関係は少々複雑な事例は多い訳です。ただ転職でその問題点が解決する事例が多いのも、また事実です。現在の職場の関係性が微妙な時には、思い切って別の薬局での仕事を探してみるのも一法でしょう。


派遣という働き方で転職先を探すメリットとは

薬剤師の転職をする為の選択肢は、色々とあります。お仕事探しをする多くの方々は、正社員に対するこだわりが見られる事も多いです。しかし、あえてそのお仕事を派遣という働き方で探す選択肢もあります。現にその働き方には、様々なメリットがあります。

1.期間が特徴的な派遣案件

まず派遣の場合は、原則として短期間での働き方になる事例が目立ちます。というのも求人広告には、期間に関する記述が見られるでしょう。

1ヶ月や半年限定などの派遣案件なども、決して珍しくありません。正社員の場合は原則長期となるので、両者には期間に関する大きな違いがありますね。

2.長期的でない事に関する不安

派遣での転職に不安がある方々の理由は、たいてい上記の勤務期間です。あまり長い期間働く事にならないので、それでは少々不安だと思う方も見られるのです。

むしろじっくりと腰を据えて、長い期間で働きたいとのニーズがある方などは、そのような不安をお持ちのケースも目立ちます。

3.福利厚生のメリット

しかし、実は派遣には大きなメリットもあるのですね。その1つが福利厚生の充実度です。そもそも正社員の薬剤師だからといって、必ずしも福利厚生が充実するとは限りません。

一部の薬局では経営に関する問題もあって、なかなか社員に福利厚生を提供できないこともあるのです。中には社会保険が無い正社員雇用の薬局も見られます。ところが派遣の場合は、総じて福利厚生は充実しています。

その働き方なら、ほぼ確実に社会保険が完備されるからです。また一部の派遣会社では、レクリエーション施設などを用意している事もあります。ですので正社員よりも、かえって派遣の方が待遇が良い事もあるのです。

「かかりつけ薬局」のすすめ – 日本薬剤師会

4.ハードルに関するメリット

また派遣という働き方には、採用率に関するメリットがあります。その雇用形態の場合は、正社員よりは転職のハードルは低いのですね。正社員雇用となると、薬局としても慎重に人材を見極めたいと思うものです。

ですので人事選考のハードルも、総じて高めなのですね。しかし派遣の場合は様々なコネの問題があるので、意外と簡単に入社できる傾向があります。薬局やドラッグストアでいち早く働きたい時などは、かえって派遣の方が良い事も多いです。

5.社員として雇用される事も多い

そして派遣として採用されたとしても、実は最終的には正社員になれる事例も多いのです。ここ最近、紹介予定派遣という表現がよく使われるようになりました。

しばらくの間は派遣として働いてみて、お互いに問題なければ、晴れて薬局の正社員になるパターンです。短期間だけ派遣で働いてみて、職場の環境を確認できるメリットもあるのですね。よく薬局を見極めたいと思う時には、紹介予定という働き方はおすすめです。

派遣で働く主たるメリット

ですので派遣という働き方での薬剤師転職には、次のようなメリットがあります。

・福利厚生
・高めな採用率
・紹介予定という働き方

このような点を考慮すれば、あえて正社員でなく派遣でお仕事を探して、お仕事探しをするのも一法と言えるでしょう。


薬剤師転職のアドバイスとその為の方法

お仕事探しをすると、誰かからアドバイスを聞きたいと思う事があります。なぜなら、それはお仕事が見つかる効率などにも関わってくるからです。アドバイスにも色々ありますが、例えばサイトなどはおすすめです。その他にも、紹介会社に登録してみるやり方もあります。

1.転職用の情報サイト

WEBにて転職に関わる事を色々と検索しますと、様々な情報サイトを目撃する事があります。薬剤師関連のお仕事情報サイトなどは、とても多いです。それらの中には、お仕事探しのアドバイスやセオリーなどに関して、言及したサイトもあるのです。

いわゆる薬剤師のお仕事検索サイトを細かく見ると、アドバイスなどを見る事ができます。単にお仕事を検索する為のシステムだけでなく、様々なセオリーなどを見る事ができる訳です。

2.ある大手のサイトに記載されたアドバイス

例えばある有名なサイトなのですが、もちろんそこでは様々な薬剤師案件を探す事が可能です。しかし案件探しだけでなく、転職に関わる様々なアドバイスも掲載されています。

例えば、短期間で転職先を見つける為の方法です。人によっては急いでどこかで働きたいと思う方もあるのですが、その方々向けに短期でお仕事を見つける為のアドバイスが掲載されています。

それと書類の書き方に関するアドバイスです。転職活動を行う以上は、まず間違いなく書類選考が発生する事になります。書類に関する具体的なアドバイスなども、サイトには記載されている訳です。

3.コーディネーターが執筆したブログ

このようにお仕事探しサイトなどでアドバイスを見る事もできますが、その他にもブログでも見る事が可能なのです。例えばある薬剤師の人材コーディネーターの方によるブログです。

長らくその業界で活躍する方のブログなのですが、そこにも様々なアドバイスが書かれています。そのブログの場合は、主にサイト選びに関わる事に重点を置いています。確かにサイトを選ぶのは、お仕事を探す上ではとても大切ですね。

4.人材紹介会社の担当者に相談

このような様々なWEBでのサービスの他にも、人材紹介会社という方法があります。そしてこの方法の場合は、自分の状況に最適なアドバイスを受けられる事が多いです。

そもそも上記のようなサイトで掲載されたアドバイスは、薬剤師の転職をする方々「全体」に対するものなのですね。ですが人によっては、もっと個別のアドバイスを聞きたいと思う事もあるでしょう。

その場合は、むしろ人材紹介会社の方がおすすめなのです。個々の状況に合わせた細かいアドバイスを聞くことができるからです。

サイトや紹介会社などを活用

このように転職に関わるアドバイスを知る方法としては、

・お仕事探しサイト
・人材業界のプロの方によるブログ
・人材紹介会社に登録

このように色々ある訳ですね。アドバイスを知っているだけでも、だいぶ転職活動が効率的になるものです。それで内定率がアップする事も多い訳ですから、アドバイスの一読などをしておくと良いでしょう。

転職活動で成功する為の3点のコツ

薬剤師転職は、成功する方もいれば、そうでない方も見られます。失敗か成功かを左右するのは、コツ次第です。適職探しに関するコツを踏まえておくと、成功率も高まる傾向があります。主なポイントは3点です。

1.漫然とした転職になってしまう失敗

まず1点目ですが、漫然とした転職にならないよう注意が必要です。なぜなら薬剤師の中には、お仕事探しが長期化してしまっています。たいていの方々は3ヶ月以内で見つかるのですが、中にはそれが半年や1年など、長期化してしまっている方もいるのです。

2.目標日数や計画を立てる

転職が長期化してしまう理由としては、目標があまり明確でない事があります。例えば「2ヶ月以内には良い薬局で働く」などと目標を明確にしておくと、比較的短い期間で成功する事が多いです。もしくは50日や3ヶ月などでも構いません。

人によって数字は色々ですが、中にはその目標を設定しない方も見られます。目標を設定しないと、ぼんやりとした転職活動になってしまい、どうしても長期化してしまいます。

それよりも数字設定をしておく方が、気持ちのメリハリも付きます。まずは目標を立てて、計画を組み立てていくと良いでしょう。

3.知人などに広める方法も

また薬剤師転職で成功した方の中には、知人から紹介された方も見られます。例えば親戚に対して、新たな転職先を探し中との話をしたとします。その際に親戚が心配して、新たな薬局などを紹介してくれる事もあるのです。

コネなどによって良い職場が紹介される事も、実は珍しくありません。ですので新たな職場を探すなら、知人の方々にその話を広めてみると良いでしょう。誰かが良い仕事先を見つけてくれる可能性もあるからです。

そのような職場に限って、意外と採用率が高いので、やり方としては悪くありません。

4.薬剤師に強い人材紹介会社も活用

そして3点目が最も重要ですが、どこかの人材紹介会社には登録しておくべきでしょう。紹介会社では、まずお仕事探しの代行をしてくれます。薬局などに在職しながらお仕事を探すのも、正直大変ですね。

しかし紹介会社なら、希望条件さえ伝えておけば、本人に代わってお仕事を探してくれます。それと紹介会社なら、色々なサポートを受けられるのです。職務経歴書の書き方などは、多くの薬剤師が苦戦しています。

紹介会社ではその書き方も教えてくれるので、登録をしておいて損はないでしょう。それと交渉なども代行してくれるのですね。給料に対して不満がある時は、面接で給料の交渉をする事もありますが、それも紹介会社に任せる事ができます。

ですので前述の知人に対して話を広めるのと同時に、その会社にも登録をしておくのが良いです。

転職の3つのコツ

したがって薬剤師転職のコツとしては、主に次の3つがあります。

・目標日数などを決めてスケジュールを組み立てる
・転職先を探している旨を知人に伝えておく
・人材紹介会社には登録

中でも1点目が大切です。自分なりに計画を作り、効率的に転職をするよう心がけたいものです。

関連サイト:薬剤師転職・求人におすすめのサイトを紹介します!