薬剤師業界における転職の特徴と人間関係

人々が転職活動をする以上は、必ず何らかの理由があります。全く理由も無いのに別の職場を探すケースは、ほとんど見られません。多くの業界では給料などが理由になっている事が多いですが、薬剤師の場合は少々異なる状況です。

1.たいていの業界では給料が原因

まず全業界で申し上げれば、給料に関する不満は本当に多いです。一時期、転職を行う方々に対してアンケートが実施された事があります。それによると、最も多い理由が給料に対する不満だったのです。

現在会社から給料を受け取っているものの、それが少々低すぎると感じる方々が多かった訳です。実際転職によって、その給料の問題点が解決されている事例は多いです。

人によっては年収が100万以上アップしている事もあるので、転職活動をするのも1つの選択肢ではあります。

2.上司との人間関係が微妙で転職

ところで人々が転職活動をするのは、何も上記のような給料だけが理由ではありません。上司との人間関係も、その一因になり得るのです。例えば何か理由で、上司との人間関係が微妙になってしまったとします。その場合、色々なパワハラなどが生じる事があるのです。

上司とのやり取りが上手く行かないので、仕事に支障をきたしてしまう事も珍しくありません。そして仕事が著しくやりづらくなってしまうので、色々と精神的なストレスを抱えてしまう事例も多いのです。その場合は、転職活動で解決する方法もあります。

別の職場で働くようになれば、少なくとも現在の上司とのお付き合いがなくなるからです。それで精神的なストレスが解決するケースも、決して珍しくありません。

3.同僚との人間関係もある

また上司だけでなく、同期の同僚の方々なども同様です。自分とほぼ同じくらいの役職の同僚との人間関係が微妙になるケースも、やはり存在するのです。一部の職場では、同期の方々とのチームプレイなどが求められます。

それで他の方々との連携が上手く行かずに、仕事がなかなかスムーズに進まず、やはり精神的なストレスを抱える事例も見られるです。それで上記の上司の人間関係と同じく、別の所に転職をする選択肢もある訳です。

4.薬剤師は人間関係の理由が多い

そして薬剤師という業界の場合は、これらの人間関係の理由が非常に多いです。確かに薬剤師という業界でも、給料が不満で転職活動を行う方々は、少なからず見られるのは事実ですね。

しかしその薬の業界の場合は、むしろ人間関係が複雑なので、他の薬局などに転職をする事例が目立ちます。「全」業界で見れば給料という転職理由が多いのですが、人間関係の理由が圧倒的に多いのは、薬剤師の特徴の1つなのは確実です。

関係が微妙なら転職も一法

以上から、次のような事が言えるでしょう。

・全業界では給料が不満で転職する事例が一番多い
・人間関係が理由で転職をする事例も見られる
・薬剤師は人間関係という理由が最も多い

ですので薬剤師という職業は、人間関係は少々複雑な事例は多い訳です。ただ転職でその問題点が解決する事例が多いのも、また事実です。現在の職場の関係性が微妙な時には、思い切って別の薬局での仕事を探してみるのも一法でしょう。