薬剤師業界での転職活動における主たる注意点

転職活動を行うとなると、幾つかの「注意点」があります。失敗をしてしまう事例は意外と多く見られるので、気をつけた方が良いでしょう。例えばイメージと異なるミスマッチが生じる事例もありますし、引き継ぎ手続きの軟膏などもあるのです。

1.イメージしていた薬局と違っていたミスマッチ

薬剤師の例で多いのが、自分のイメージと全く異なる職場です。そもそも求人案件を見る時には、多くの薬剤師としては色々なイメージを頭に描くのですね。

例えばある求人広告を見て、「和やかな職場」とのイメージを描いたとします。ところが実際に転職が完了して、新たな薬局で働くようになると、全くそのイメージと違うことがあるのです。

和やかどころか、殺伐とした雰囲気が感じられる薬局で働く事例もたまにあります。まさにミスマッチが生じてしまっているのですね。

2.勤務時間に関するミスマッチ

また働く時間の長さに関するミスマッチも、たまにあるのも事実です。例えば求人広告には、実働8時間と明示されていたとします。あまり長い勤務時間ではないので、それに魅力を感じてそこに転職をしたとしましょう。

ところが実際にその薬局で働くと、かなりの時間が求められる事もあるのですね。8時間どころか、毎日残業が発生する事例も意外と多いです。

3.退職時の手続き難航

またお仕事お探す時だけでなく、退職時も注意を要します。意図によってはどこかの薬局で働きながら、求人案件を探す事もあるでしょう。

それで無事にどこかのドラッグストアなどでのを仕事が見つかったとします。ところが薬局での引き継ぎ手続きで、かなり難航してしまう事があるのですね。

最初の内は2週間程度で引き継ぎが完了すると思っていたものの、なかなかその作業が完了せずに、1ヶ月前後かかってしまう事例も見られます。それで転職先のドラッグストアに迷惑がかかってしまう事もあるのです。

4.失敗事例を一読して紹介会社を活用

このように薬剤師の転職は、色々と注意点がある訳ですね。上記のような事例は、いずれも現実に発生している事なので注意を要するでしょう。対応策としては、まずそのような事例自体を知って多く事です。

たいていの薬剤師求人サイトには、転職のノウハウなどが記載されています。それで失敗例が紹介されている事も多々あるので、それに目を通しておくと良いでしょう。特に上記の引き継ぎ手続きの問題などは、大抵それに目を通しておく事で回避できます。

また前述のミスマッチに関する対策としては、やはり人材紹介会社が妥当と思われます。紹介会社に自分の希望をきちんと伝えておくと同時に、上記のようなミスマッチを防止したい旨も伝えるべきですね。

「残業が発生しない職場が良いです」などと紹介会社に伝えておけば、たいてい配慮してくれるからです。

紹介会社への伝達で失敗を回避

ですので転職の注意点として、次のような事が言えるでしょう。

・職場の雰囲気や勤務時間などのミスマッチが起きる事も
・引き継ぎで思った以上に時間がかかる事がある
・失敗事例を読んでおく
・人材紹介会社には自分の希望を明確に伝える

特に4点目は非常に大切です。殆どの失敗は、その伝達次第で回避できるからです。せっかくの転職で失敗をしないよう、自分の希望条件などは明確にしておきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です