派遣という働き方で転職先を探すメリットとは

薬剤師の転職をする為の選択肢は、色々とあります。お仕事探しをする多くの方々は、正社員に対するこだわりが見られる事も多いです。しかし、あえてそのお仕事を派遣という働き方で探す選択肢もあります。現にその働き方には、様々なメリットがあります。

1.期間が特徴的な派遣案件

まず派遣の場合は、原則として短期間での働き方になる事例が目立ちます。というのも求人広告には、期間に関する記述が見られるでしょう。

1ヶ月や半年限定などの派遣案件なども、決して珍しくありません。正社員の場合は原則長期となるので、両者には期間に関する大きな違いがありますね。

2.長期的でない事に関する不安

派遣での転職に不安がある方々の理由は、たいてい上記の勤務期間です。あまり長い期間働く事にならないので、それでは少々不安だと思う方も見られるのです。

むしろじっくりと腰を据えて、長い期間で働きたいとのニーズがある方などは、そのような不安をお持ちのケースも目立ちます。

3.福利厚生のメリット

しかし、実は派遣には大きなメリットもあるのですね。その1つが福利厚生の充実度です。そもそも正社員の薬剤師だからといって、必ずしも福利厚生が充実するとは限りません。

一部の薬局では経営に関する問題もあって、なかなか社員に福利厚生を提供できないこともあるのです。中には社会保険が無い正社員雇用の薬局も見られます。ところが派遣の場合は、総じて福利厚生は充実しています。

その働き方なら、ほぼ確実に社会保険が完備されるからです。また一部の派遣会社では、レクリエーション施設などを用意している事もあります。ですので正社員よりも、かえって派遣の方が待遇が良い事もあるのです。

「かかりつけ薬局」のすすめ – 日本薬剤師会

4.ハードルに関するメリット

また派遣という働き方には、採用率に関するメリットがあります。その雇用形態の場合は、正社員よりは転職のハードルは低いのですね。正社員雇用となると、薬局としても慎重に人材を見極めたいと思うものです。

ですので人事選考のハードルも、総じて高めなのですね。しかし派遣の場合は様々なコネの問題があるので、意外と簡単に入社できる傾向があります。薬局やドラッグストアでいち早く働きたい時などは、かえって派遣の方が良い事も多いです。

5.社員として雇用される事も多い

そして派遣として採用されたとしても、実は最終的には正社員になれる事例も多いのです。ここ最近、紹介予定派遣という表現がよく使われるようになりました。

しばらくの間は派遣として働いてみて、お互いに問題なければ、晴れて薬局の正社員になるパターンです。短期間だけ派遣で働いてみて、職場の環境を確認できるメリットもあるのですね。よく薬局を見極めたいと思う時には、紹介予定という働き方はおすすめです。

派遣で働く主たるメリット

ですので派遣という働き方での薬剤師転職には、次のようなメリットがあります。

・福利厚生
・高めな採用率
・紹介予定という働き方

このような点を考慮すれば、あえて正社員でなく派遣でお仕事を探して、お仕事探しをするのも一法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です